乗り物を中心に、気になるものをupしていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散歩カメラ

初代GRデジタルを購入したのが2005年。
ツーリング中に壊れてしまい、R10を購入したのが2009年10月。
今でもR10は元気に活躍しているけど、その役割はメモ代わりの撮影である場合が多い。
コンパクトでいつでも持って歩けるのはいいけど、撮ってて楽しくないんです。

というわけで散歩やポタリング、ツーリングなどガッツリな撮影じゃなく、遊びに行って楽しい写真を撮るための「散歩カメラ」を考えてみました。
人によっては重視するもの、妥協できるものが違ってくるから、ここに書くのは僕の好みということでお願いします。
興味のあるかたは続きをどうぞ
カメラを選定するまえに、散歩カメラに対する自分の好みを書き出してみます。
1. 比較的コンパクトであること(主の楽しみは他にあるのでカメラはできるだけ軽く、荷物にならないほうがいい)
2. レンズ一体式がいい(交換式は面倒だし嵩張る。何よりシンプルじゃない)
3. ズームは無し あるいは倍率の少ないズームで(望遠はいらない)
4. 比較的手頃な値段で
5. ファインダーが欲しい(液晶画面を見て撮影ではなく、ファインダーを覗いて撮影したいんです。
  が、光学式ファインダーでなきゃということはありません)
6. できるだけマニュアルで直感的に操作できるものがいい(すべてカメラ任せは嫌なんです)
7. カタログスペックはあまり気にしない

ということで、簡単に言えば、「パッと見は古めかしいカメラ」ということになります。
そんなわがままを考慮しつつ検討した結果、出た結論は「FUJIFILM X30」でした。

Untitled
前からFUJIFILM X30、SIGMA DP1x、RICOH R10
他と比べたらちょっと大きめボディだけどファインダーを覗くにはこれくらいの大きさでないと見難くなってしまう。
DP1xは撮影そのものを楽しむためのもので、残念な作品を大量生産するカメラなので残念ながら「散歩カメラ」にはなり得ない。

説明書もろくに読まず、充電もほどほどにして近所で比較試し撮りをしてみました。
まずはR10
Untitled
若干赤みがかってるけどナチュラルな色合いです。

次はDP1x
Untitled
少し黄色っぽく...ってこれはRAWで撮影して自分好みの設定で現像してるんですけどね。

そしてX30
Untitled
うん、普通です。
X30はフィルムシミュレーションというフィルムカラーをデジタルで再現するモードがあります。
で、これはいわゆる通常の色、PROVIA/スタンダードになります。

ここからはフィルムシミュレーションをいくつか比較
Velvia/ビビッド
Untitled
はっきりくっきりシャープに鮮やかになってます。

ASTIA/ソフト
Untitled
柔らかい色調です。

クラシッククローム
Untitled
少し黄色がかった彩度を抑えた色調。
実はこの色に惚れて半分購入してしまったところもありますw

モノクロ
Untitled

モノクロ+Rフィルター
Untitled
モノクロモードも4種類(!)あって、これはそのうちの赤いフィルターを付けた状態をシミュレーションしたものです。
青い色が濃く表現されるんですよ。

まだ手探りで使っている状態だけど、お気に入りのカメラになりそうな予感がします。
Untitled

Untitled

Untitled

自分が好きだなと思える色で設定したDP1xのカラーがFUJIFILMのクラシッククロームにほんの少し似ていたのは面白い。
色の再現性を考えたらまったくダメなんだけど、実際の色ではなく記憶している色っていう感じなんです。

DP1x
Untitled

X30
Untitled

実際の色に忠実というのもあるけど、自分の記憶している色、表現したい色にするというのも有りだと思う。
「写真」と書くけど実際には「真を写す」では無いんです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

gattorosso

Author:gattorosso
静岡県在住の乗り物好きな人間です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。