乗り物を中心に、気になるものをupしていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gマウントレンズを使ってみる

富士フイルムのX-Pro1を購入した一番の目的。
所有しているCONTAX G用のレンズを使用すること。
眠らせておくのはもったいないと判断したから。

なので、当然ボディと同時にマウントアダプターも発注したっす。
んで昨日の純正レンズに続いてこちらも試し撮り。
まずはCONTAX G2と3本のレンズ。
左からSonnar T*90mmF2.8、Biogon T*21mmF2.8、Planar T*35mmF2


そして今回購入したマウントアダプター KIPON C/G-FX


事前に調べてはいたけれど、Biogonを装着するときはセンサーとぶつからないか心配だった。
結果は大丈夫ってことで一安心。

マウントアダプターのローレット部を回してピント合わせをします。
Gマウントレンズはオートフォーカス専用のレンズなので、フォーカスリングが無いための処置。
ちなみにオートフォーカスは使えず、ピント合わせはEVFで行うことになります。

実際にPlanar装着の図


見た目はまずまずじゃないでしょうか。


ということで、近所で試写。
説明書も読まずに撮ってるから設定がちょっと違ったりしてるけど気にしない、気にしない。

まずはSonnar T*90mmF2.8

EVFによるピント合わせにちょっと苦戦。拡大して合わせりゃ良かったと後で気がつく...
まだまだカメラを使いこなせてない。

90mmはX-Pro1に付けると35mm判換算で135mm。
普段使いにはちょっと長すぎて使いにくい。


次はBiogon T*21mmF2.8
一番使いたかったレンズだけど、これも35mm判換算すると31.5mm。
「写ルンです」とほぼ同じ画角...


周辺光量がちょっと落ちてます。


デジタル用のレンズとはちょっと違う雰囲気


なんか実力出し切れてない。
やっぱりフルサイズでないとダメなのかなぁ。
これはこれで嫌いじゃないけど。


最後はPlanar T*35mmF2


ボディと一緒に購入したXF 35mmF1.4 Rと画角が被るので今後出番はあまりないかもしれない。
でも一度比較してみたいよね。

マウントアダプターを使えばいろんなレンズが楽しめるけど、やっぱりレンズそのものを楽しむってことになるようです。
作品を撮るとなれば、やっぱり純正レンズがいいですね。便利だし。
ということで場合によってはBiogon T*28mmF2.8を中古で購入することも検討していたけれど、当分の間はやめておきます。

先にXマウントレンズを何本か揃えないと。




こうやって書いてみると、わざわざX-Pro1を購入して古いレンズを使う意味があったのか?という疑問が頭をかすめる...

いいんです!!
もう買っちゃったんだからぁw
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

gattorosso

Author:gattorosso
静岡県在住の乗り物好きな人間です

Twitter...
フリーエリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。