乗り物を中心に、気になるものをupしていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィルムのデジタル化について その3

前回前々回でフィルムをデジタル化するときはテレシネDPアダプターを使いますと宣言したけど、その後も周辺のぼやけに悩まされたので使用機器を変えることにしました。
たぶんこれからも試行錯誤が続きと思うけれど、今の方法を紹介します。

例によってごく一部の人だけに興味のある内容なので、気にならなければスルーをお願いします。
使用機器はケンコー スライドデジコピア DSLRです。
以前から持っていたんですが、これまで問題となっていた上部の切れが調整で解決したのです。
そうなると周辺のぼやけが無い分、テレシネDPアダプターよりいいんじゃないかと思うのは当然のこと。
Untitled

これをX-M1に装着し三脚にセットします。
そしてもうひとつの三脚にストロボをセットして、ホットシューアダプター経由でケーブルを接続。
Untitled

光量は充分だけど、発光回数が多くないのでもっと大きなストロボが欲しいのですが、とりあえず我慢。
Untitled

最初、本体のストロボを光らせて、外部のストロボを同期させるスレーブ発光にしたけれど、カメラのバッテリー消費が無駄に思えたし、たまたまシンクロコードが家に転がっていたので、ホットシューアダプターだけ購入てシンクロ接点のないX-M1に接続したのでした。
最近のカメラってシンクロ接点が無いんですね...
Untitled

で、こんな感じで撮影して
Untitled


取り込んだものがこちら
DSCF3275

テレシネDPアダプターを使ったのがこちら
DSCF3010

僅かだけど、良くなってるんじゃないでしょうか。
ということで、フィルムをデジタル化するためのシステム紹介でした。

試行錯誤しながら少しずつ良くなってるけど、なんだかシステム的にはペンタックスのフィルムデュプリケーターに近づいているような気がしないでも...
素直に買っちゃえばすべて解決するということは考えないようにしようw
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

gattorosso

Author:gattorosso
静岡県在住の乗り物好きな人間です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。